持っておくと安心な護身用品

暴漢に催涙スプレーをする女性
Self defense concept. Young woman was attacked by man in balaclava and is using pepper spray.
いざという時に自分を守る上で、護身用品を持っているととても安心できます。それを持っているだけで、危険から逃れられたり、自分の体が怪我するのを防いだりできるからです。
そのような持っておくと安心な護身用品について、代表的なものとそのメリットを紹介しましょう。

スタンガン

高電圧の力を使う護身用アイテム

スタンガンは、高い電圧の電気を体に流すことができる護身用品です。ただ、通常販売されているスタンガンの電気では、人を殺すほどの電撃を与えることはできません。ですので、スタンガンの電撃によって相手を怯ませ、その間に逃げることが最適な使い方になります。
なお、一般的なスタンガンは100万ボルトまでの電圧のものが売られています。殺傷能力は無いにしても、50万ボルトの電圧を超えると、分厚い服の上からでも相手の体に電気を走らせることができるほどの威力を持ちます。

威嚇にも用いることができる

もう一つのスタンガンの使い方としては、威嚇に使える点が挙げられます。スタンガンは、電気を流すと電流の音が聞こえるとともに、放電によって感電をイメージさせる光が生まれます。
この音とと光によって、相手に感電をイメージさせると、相手が怯む可能性があります。そうなると、直接スタンガンを使用することもなく、襲われる危険を回避することができます。
このように威嚇ができのも、スタンガンの良い点です。

催涙スプレー

相手に咳や涙、皮膚の痛みを負わせられる

唐辛子に含まれることで有名なカプサイシンを主な成分として作られているのが、催涙スプレーです。唐辛子からも容易に想像できるように、催涙スプレーをかけられると、咳や涙が止まらなくなり、皮膚にも痛みが起こります。
上記のような症状を、襲ってきた相手に対して負わせられるため、その隙に逃げたり身柄を確保したりという行動を取ることができます。

動物に使うこともできる

催涙スプレーが効果があるのは、人間だけではありません。実は動物などにも有効なのが特徴的です。動物も人間と同じように、カプサイシンの成分に対して前項で説明した症状が発生します。
一部の動物には効かないこともありますが、人間に近い動物ならば基本的に効果はあります。暴漢だけではなく、野良犬などの動物が襲ってきた時にも使えるように携帯していると、いざという時に使うことができるでしょう。

警棒

過剰に相手を傷つけない武器

警棒は、警察官や警備員の方などが所持されていることでも有名な武器です。

その用途としては、相手を叩いて使用することで、自分の身を守ります。

警棒の特徴として挙げられるのが、相手に大きなダメージを与えることを目的としているのは無いという点です。そのため、過剰に相手を傷つけないようになっている武器となっています。この点で、過剰防衛になりにくいメリットがあります。
使い勝手も良いですので、防犯グッズとしては非常にシンプルな用途ができるものだと言えます。

他の機能を持ったものもある

警棒の中には単純に相手を叩くものではなく、他の機能が付加されたものもあります。例えば特殊警棒と呼ばれる伸縮可能なものや、スタンガンのように電流が流れるものなどです。
特殊警棒であれば持ち運びが楽ですし、電流が流れるものならばより強い護身の効果をもたらしてくれるでしょう。
自分の警棒の使い方や考えられる使用のシチュエーションによって種類を選べるのも、警棒の良い点になります。
警棒はもちろん役にたちますが、やはり自分の身体で戦う術を持っていたほうが安心です。
突然、護身術が必要になる時もありますから。
そんなときのために、ぜひこちらの記事もご覧ください。

防弾チョッキ

銃などによる致命傷を防ぐ

銃は体を貫通する武器であるため、当たりどころが悪いと即死をする可能性があります。そんな銃の弾から身を守ってくれるのが、防弾チョッキになります。
防弾チョッキは、特殊な繊維などによって銃の弾が貫通しないようになっています。そのため、胴体に銃を打たれても、命を守ることができます。日本ではあまり銃による犯罪はないですが、使う可能性が起こり得る可能性はあります。

防刃機能も備えている

防弾チョッキという名称ではありますが、危険から守ってくれるのは銃弾だけではありません。実は、防弾チョッキは防刃機能も備えているものがほとんどです。
相手がナイフで切りつけて来た時などでも、防弾チョッキを着ていれば刃が体に刺さることはありません。ですので防刃という目的でも、防弾チョッキを活用することができます。
また、防弾機能は無いが刃物のダメージの軽減ができる防刃チョッキなどもあります。日本人にとってはそちらの方も使いやすいかもしれません。

まとめ

護身用品はとても使えるものが多いです。それに、一般の人にも使いやすいアイテムも多く登場してきています。
護身については、自分の意識や技術だけではなく、アイテムを護身に活用するのもとても良いことです。興味のある護身用品を使ってみてはいかがでしょうか。