持っておくと安心な護身用品

暴漢に催涙スプレーをする女性
Self defense concept. Young woman was attacked by man in balaclava and is using pepper spray.
いざという時に自分を守る上で、護身用品を持っているととても安心できます。それを持っているだけで、危険から逃れられたり、自分の体が怪我するのを防いだりできるからです。
そのような持っておくと安心な護身用品について、代表的なものとそのメリットを紹介しましょう。

スタンガン

高電圧の力を使う護身用アイテム

スタンガンは、高い電圧の電気を体に流すことができる護身用品です。ただ、通常販売されているスタンガンの電気では、人を殺すほどの電撃を与えることはできません。ですので、スタンガンの電撃によって相手を怯ませ、その間に逃げることが最適な使い方になります。
なお、一般的なスタンガンは100万ボルトまでの電圧のものが売られています。殺傷能力は無いにしても、50万ボルトの電圧を超えると、分厚い服の上からでも相手の体に電気を走らせることができるほどの威力を持ちます。

威嚇にも用いることができる

もう一つのスタンガンの使い方としては、威嚇に使える点が挙げられます。スタンガンは、電気を流すと電流の音が聞こえるとともに、放電によって感電をイメージさせる光が生まれます。
この音とと光によって、相手に感電をイメージさせると、相手が怯む可能性があります。そうなると、直接スタンガンを使用することもなく、襲われる危険を回避することができます。
このように威嚇ができのも、スタンガンの良い点です。

催涙スプレー

相手に咳や涙、皮膚の痛みを負わせられる

唐辛子に含まれることで有名なカプサイシンを主な成分として作られているのが、催涙スプレーです。唐辛子からも容易に想像できるように、催涙スプレーをかけられると、咳や涙が止まらなくなり、皮膚にも痛みが起こります。
上記のような症状を、襲ってきた相手に対して負わせられるため、その隙に逃げたり身柄を確保したりという行動を取ることができます。

動物に使うこともできる

催涙スプレーが効果があるのは、人間だけではありません。実は動物などにも有効なのが特徴的です。動物も人間と同じように、カプサイシンの成分に対して前項で説明した症状が発生します。
一部の動物には効かないこともありますが、人間に近い動物ならば基本的に効果はあります。暴漢だけではなく、野良犬などの動物が襲ってきた時にも使えるように携帯していると、いざという時に使うことができるでしょう。

警棒

過剰に相手を傷つけない武器

警棒は、警察官や警備員の方などが所持されていることでも有名な武器です。

その用途としては、相手を叩いて使用することで、自分の身を守ります。

警棒の特徴として挙げられるのが、相手に大きなダメージを与えることを目的としているのは無いという点です。そのため、過剰に相手を傷つけないようになっている武器となっています。この点で、過剰防衛になりにくいメリットがあります。
使い勝手も良いですので、防犯グッズとしては非常にシンプルな用途ができるものだと言えます。

他の機能を持ったものもある

警棒の中には単純に相手を叩くものではなく、他の機能が付加されたものもあります。例えば特殊警棒と呼ばれる伸縮可能なものや、スタンガンのように電流が流れるものなどです。
特殊警棒であれば持ち運びが楽ですし、電流が流れるものならばより強い護身の効果をもたらしてくれるでしょう。
自分の警棒の使い方や考えられる使用のシチュエーションによって種類を選べるのも、警棒の良い点になります。
警棒はもちろん役にたちますが、やはり自分の身体で戦う術を持っていたほうが安心です。
突然、護身術が必要になる時もありますから。
そんなときのために、ぜひこちらの記事もご覧ください。

防弾チョッキ

銃などによる致命傷を防ぐ

銃は体を貫通する武器であるため、当たりどころが悪いと即死をする可能性があります。そんな銃の弾から身を守ってくれるのが、防弾チョッキになります。
防弾チョッキは、特殊な繊維などによって銃の弾が貫通しないようになっています。そのため、胴体に銃を打たれても、命を守ることができます。日本ではあまり銃による犯罪はないですが、使う可能性が起こり得る可能性はあります。

防刃機能も備えている

防弾チョッキという名称ではありますが、危険から守ってくれるのは銃弾だけではありません。実は、防弾チョッキは防刃機能も備えているものがほとんどです。
相手がナイフで切りつけて来た時などでも、防弾チョッキを着ていれば刃が体に刺さることはありません。ですので防刃という目的でも、防弾チョッキを活用することができます。
また、防弾機能は無いが刃物のダメージの軽減ができる防刃チョッキなどもあります。日本人にとってはそちらの方も使いやすいかもしれません。

まとめ

護身用品はとても使えるものが多いです。それに、一般の人にも使いやすいアイテムも多く登場してきています。
護身については、自分の意識や技術だけではなく、アイテムを護身に活用するのもとても良いことです。興味のある護身用品を使ってみてはいかがでしょうか。

動物や虫から身を守る方法

吠えるクマ

動物や虫は、野生のものであれば私たちを攻撃してくる種類が多い傾向にあります。
それらの動物や虫が攻撃をしてきた場合、しっかりと自分の身を守らなければなりません。その方法について、ご紹介いたします。

ハチから身を守る方法

ハチが近寄らない環境や状態を作る

ハチからの脅威を回避する方法として、ハチを近寄らせない環境を作り出すことが大切です。
ハチは甘いものや、刺激性の強い匂いを好み、黒い色のものを攻撃します。ハチが出る場所や、出そうな自然の多い場所は、これらの物を持ったり色の濃い衣類等を身に付けないようにしましょう。
また、自宅近くにハチが巣を作るような場合は、その巣を撤去したり作らない予防策を張ると良いです。それも身を守る方法の一つになります。
とはいえ、素人がハチや蜂の巣を相手にするには、かなりキケンです。もし、近くに蜂の巣がある場合は、蜂駆除業者に撤去してもらいましょう。

応戦するのならば、殺虫剤で攻撃

ハチは基本的に、刺激をすると攻撃をしかけてきます。ですので、あまり装備が十分ではない場合は、とにかく逃げることを心がける必要があります。
もしどうしても自分で駆除したい場合は、道具を使います。たとえば、殺虫剤にはハチ専用のものが販売されています。ハチ専用のものは、噴射距離が長いため効果的にハチを退治することが可能です。
ただし、繰り返しますが、大きな危険をともないますので、十分な準備と注意を忘れずに…!
自力で蜂を駆除する場合は、このような市区町村のホームページを参考にするのも良いと思います。けっこうくわしく書いてあったりするんですよね。

クマから身を守る方法

突然遭遇した場合はゆっくりと逃げる

クマと突然遭遇してしまった時の「死んだふり」は、あまり適切な対応ではありません。適切な対応については、ゆっくりと逃げることが大切だと言われています。
人間に対して、クマは敵であるのではないかと警戒しています。ですので、逃げることが良い対応になります。ただ、急に勢い良く逃げてしまうとクマが驚くので、ゆっくりと後ずさりするように逃げましょう。

クマと出会わないようにするために

山などに入ってクマと突然出会わなければ、クマからの人身被害を避けることが可能です。
まずは大きな音を出すなどして、クマに人間が居ることをアピールすることが挙げられます。クマは聴覚が良いですので、遠くから大きな音を出しているとこちらの存在に気付かせられます。そうすれば、クマの方から近づいてはこずに、攻撃を受ける可能性を減らせます

次にクマの好む飲食物の持ち込みを避けるようにしましょう。クマは嗅覚が優れているため、食べ物の匂いがすれば、襲ってくる可能性があるからです。

ヘビから身を守る方法

殺蛇スプレーを使用する

私たちの生活圏域には、毒を持つ蛇はあまり多くいません。しかし、自然の中に足を踏み入れると、毒を持つヘビが襲ってくる可能性があります。
そのヘビから身を守るための方法として、殺蛇スプレーの使用が挙げられます。このスプレーは、殺虫剤などと同じように噴射する形でヘビをかけると、ヘビを退治することができます。
十分な距離感を取りながら使えますので、ヘビに襲われるリスクが低い状態で退治できるのが特徴です。

捕獲棒を使って駆除する

やや危険が伴う方法ではありますが、ヘビから身を守る方法として広く知られているのが、捕獲棒の使用です。
ヘビの捕獲棒は、棒の先にハサミ型の器具がついており、手元のハンドルでヘビを捕まえることができる構造になっています。多少は使用にテクニックが必要ですが、器具そのものは軽いです。ですので、コツさえ掴めばヘビを確実に仕留めて、自分の身を守ることができます。

登山や自然の中に入る時、自分の身を守る上で大切なこと

危険と思われる場所には踏み入れないこと

山などの自然には、人が踏み入れていないような危険な場所があります。このような場所は、危険な虫や動物などが居る可能性があります。
危険と思われるような場所は、人が歩いた形跡がなかったり、危険な生物が居る環境が整っている傾向があります。これらの危険である特徴を意識しておき、必要がなければ入らないように心がけるべきです。
危険と思われる場所に踏み入れなければ、危険な動物や虫から襲われるリスクを大幅に減らせるでしょう。

野生の生き物からの危険に対応できる準備をしておく

登山をする時や、その他の自然に入る時は、予備知識をつけることであらかじめ起こる危険を予測することが可能です。行き先にはどのような危険生物が居るのか、そしてどのような対処法があるのかを調べておきましょう。
そして事前の知識を得られれば、十分な準備をしてください。今回紹介した殺虫剤や殺蛇剤、捕獲棒など、十分な準備をすることが自分の身を守ることにつながります
もしもの時のためには、準備が大切です。護身に役に立つグッズについてはこちらの記事をご参照ください。

まとめ

自然の中には数多くの危険な動物や虫が居ます。彼らからの攻撃を受けないようにするためにも、必要な情報や対応策、対応アイテムなどを手に入れましょう。それが必ず、自分を守ることになります。